他の蛍光灯とは一味違ったFHF32EX-N-H

他の蛍光灯とは一味違ったFHF32EX-N-H

FHF32EX-N-Hの良いところは、他の蛍光灯とあまり変わらない値段でありながら、他とは一線を画する紛れもない魅力がある、ということです。

まず、私はその光の感じが好きですね。

専門的なことはわかりませんけれども、なんというか、「目に優しい」というのは実感としてありますね。

というのも、前の蛍光灯に比べて、明らかに眼精疲労が軽減されたんです。

私はFHF32EX-N-Hをオフィスに設置したのですが、そのおかげで仕事も以前より捗るようになりました。

ただ、「目に優しい」みたいなキャッチコピーが、はっきりと書いてあるわけではないので、個人差はあると思いますし、前の蛍光灯が単純に私に合わなかった、ということも考えられるでしょう。

ただ、そういう些細な要素を差し引いたとしても、やはりFHF32EX-N-Hは、私にぴったりだと思っています。

その意味ではだから、合う人には合う、ということになるのかもしれませんが、気になる方はぜひ、購入してください。

FHF32EX-N-Hが一番しっくりきた

今まで、数ある蛍光灯を使ってきたのですが、一番しっくりきたのはFHF32EX-N-Hですかね。

なんというか、光が優しいというか、目に刺激的でないので、変な言い方なのですけれども、電気を点けているのにもかかわらず、点けてない、みたいな、そんな感じですね。

つまり昼間と一緒なんですよ、実質。

だから、その意味ではどこまでも「自然」な光、ということになるのかもしれません。

そういう奇をてらわない、ある意味ではどこまでもオーソドックスな蛍光灯と言えば、私の中ではFHF32EX-N-Hで、だからこそ他のものと比べて、たまたまわたしの好みに合致し、それで、「一番しっくりくる」とさせていただきました。

ただし、これが私だけの現象かと言えば決してそうではなく、私の知り合いでも結構、「オフィスにはやっぱりFHF32EX-N-H」っていう人は多いですね。

特に仕事、それもデスクワークの多い、わりと過酷な仕事に就いている人に、愛されているという印象です。

FHF32EX-N-Hを愛用しています

最近、専らFHF32EX-N-Hにハマっています。

FHF32EX-N-Hとは何か?

答えは蛍光灯です。

蛍光灯にハマっている、奇異に聞こえるかもしれませんが、ハマっているものは仕方ありません。

もう夢中も夢中、ストックを常備しておかないと落ち着かないくらいにハマっています。

これでないと、私はまともに仕事もできませんね。

元来が神経質な私なので、光の感じ一つとっても、異様なこだわりを発揮してしまうのですが、そのこだわりと折り合いをつけることなく、妥協もせず、吟味に吟味を重ねて見つけ出したのがまさにFHF32EX-N-Hというわけです。

それだけ選び抜いた蛍光灯ですから、思い入れが無いわけはありませんし、それに、選び抜いた甲斐あって、非常に重宝しています。

たまにまとめ買いで安くなるときがあるので、そういうときはもう、後先考えずとりあえず買えるだけ買ってしまいますね。

ちなみに、私は特にオフィスを中心に、各場所に設置していますよ。